論文の遡及的なオープンアクセス化

ご自身の論文がSpringer Natureのハイブリッドジャーナルに掲載されている場合、希望すれば、ほとんどの場合、論文を過去に遡ってオープンアクセスにすることが可能です。詳細については、レトロスペクティブオープンアクセスに関するポリシーをご覧ください。 


ご注文は、ご注文フォームからお願いいたします。 


なお、ご要望にお応えできない場合でも、論文の受理されたバージョン(査読後、コピー編集前のもの)は、セルフアーカイビングポリシーに基づき、出版から6ヶ月後にリポジトリでオープンアクセスにすることができます。 

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。