Shibboleth(学認)またはAthensでログインしても「ログインしていません」と表示されます

SpringerLinkのページのフッターに表示される「Not logged in」という状態は、個人アカウント(例えば、SpringerLinkの自身のアカウントに直接ログインした場合)に関連しています。これは、ShibbolethやAthens経由の機関ログインの状態とは関係ありません。 


ShibbolethまたはAthens経由でのログインが成功したかどうかを判断する方法は2つあります。



1. Shibboleth/Athens経由でサインインした後、そのページのフッターを確認します。


ShibbolethまたはAthens経由でログインする前は、ページのフッターは例1のようになっています。


例1:ShibbolethまたはAthens経由でログインする前: 



資格情報を使用してログインした後、ページのフッターは例2のようになり、機関名と(アカウント番号)が表示されます。 


例2:ShibbolethまたはAthens経由でログインした後: 



「Not logged in」はどちらのページにも表示され、ShibbolethまたはAthens経由のログインには関係しませんのでご注意ください。そのメッセージは個人アカウントに対して表示されています。 



2. 所属機関で購読しているコンテンツへアクセスしてみてください。 


ログインすると、所属機関が購読しているコンテンツにすぐにアクセスできるようになります。コンテンツにアクセスしようとすると、章/記事のページの上部または中央付近に「Access is provided by」(所属機関名)が表示されます。以下の例3をご覧ください。 


例3: 



上記の2つの手順を実行してもログインが成功したかどうか疑わしい場合は、電子リソース管理者またはライブラリアンにお問い合わせください。または、ライブラリアンの方は、オンラインサービスにメールを送信して、当社の担当者に問い合わせてください。  

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てずに申し訳ございません。この記事を向上させるためにフィードバックをお願い致します。
<